2012年

9月

05日

la cuisine française フランス料理

 

 

 

Parisで購入したフレンチ・ソースの本

 

未だにあまりチャレンジできずに時が経過していますが・・・

やはり見てるだけで癒されるフランスの本

 

 

最後の時期に、この方の単発レッスンと迷って本だけで帰国。

やはり手に入りにくい材料等の事を考えると、

本場にいる方が早いです。

 

 

フランス料理は見ても美しい

ひとつのアート。

美しさから言うと、やはりフランス料理は私好みです。

 

本場にいても食べ続けられる好きな物なので、

簡単なオーブン料理や、体に負担にならない物などは

レパートリーをたくさん増やしたいものです。

 

 

 

お料理もお菓子も

素材の組み合わせから盛りつけ、味はもちろん、

フレンチだけでなく、全般的にセンスを問われる世界ですね。

語学から技術はもちろん、長くフランスに滞在して

数々の修業を乗り越えて活躍されている方々、尊敬します。  

 

 

 

Parisの美味しかったもの。

レストランはもちろんですが、

アトリエの仕事のお昼に数回足を運んだ近所のカフェも

毎回ボリューム満点で美味しかったなぁと、思い出して。

 

 

こうして並べてみても美しくて刺激されますね。

 

私は、Parisに長く住んでも

日本食やアジア料理、他の国の料理ではなく

フランス料理や美味しいバゲットが食べたいタイプ。

 

やっぱりどこまでもフランス好き、普通に暮らしていけます。

 

 

ソースも作って取り入れなくては〜