2012年

9月

16日

アンチエイジング

 

香川から名古屋に戻りました。

 

その道中で二冊程読んだものは、

いかに栄養と生活習慣が何より大切かを感じた本です。

 

一冊は実家に置いてきましたが、

この方の本は、これもおすすめです。

その辺で出回っているものや言われているものではなくて、

最新栄養医学の正しい知識を増やすべきだなと思った本です。

 

正しい栄養の知識で食事やサプリメントを取り、

身体と脳がサビつかない生活習慣をすることが

アンチエイジングにも繫がります。

 

子供から大人まで年齢関係なく、ずっと大切なこと。

食事を楽しむことも大切ですが、

健康であってこそだなと思います。

仕事が忙しくても、なるべく手を抜かないようにしたいと

改めて感じました。

 

 

 

 

 

これはParisでよく食べてたシリアル入りのバゲット

日本にももっといろいろ近所にあればいいのに・・・

 

 

今回の実家で、糖質が80%カットできる粉で

パンメーカーを使ってふすまパンを焼いてみましたが、

焼きたても食べれて、香ばしくて美味しく身体にも悪くないしで。

 

美味しいパン屋さんも近所にはないですし、

自分ではパンメーカーはまだ持ってないのですが・・・

制限までしなくとも余計なものが入っていないパンを食べたいので

健康面を考えてもやっぱりほしいな・・・

 

 

本当は朝から玄米とか雑穀米に合わせて

和食のおかずの方が健康には良いでしょうが、

朝はやっぱりパンとカフェオレは私は外せないのです。

 

 

Parisだと、すぐに近所のパン屋さんで

シリアル入りのバゲットやいろいろな種類も買えますが、

パンメーカーなんて持ってる家庭があるのかな?

とふと思いました。作らなくても買う方が早そうですね。

 

 

 

 

 

マクロビのような玄米菜食だけでなく、

しっかりタンパク質を取る事もアンチエイジングには大切。

甘いデザートは頻繁には良くないですが、

意外とバランスのとれたタンパク質もたっぷりとれるフレンチも良いかもですね。

アルコールも取るなら赤ワインで。

 

 

Parisのロブションでランチした時のもの。

色鮮やかなお野菜やハーブをお肉やお魚と一緒に。女性に程よい量でした。