建築を彩るテキスタイル

 

 

昨日はMARI KAWADA Broderie d'Art の商談で

いつものごとく日帰り東京〜

 

 

これから展示や販売イベント等で

私自身が皆さんとお会いする機会も増えそうです〜

 

間でいろいろ自由な作品も予定していますし、

基本の生活はなるべくおろそかにしないようにと

西洋と東洋の健康と美についてもっと勉強したい熱も高まっているので、

より時間の使い方が重要です。

 

 

制作には時間を費やさなければいけないのですが、

今まであまり外に出る機会を作ってなかったので、

これからはよりアーティストとして作品も名前も広められるように

外にも出なければですね・・・

 

 

 

 

 

 

秋だというのに、まだまだ暑いですね。

パイエット刺繍ネックレス・大

Parisienne パリジェンヌとともに、

久々に秋色ワンピースでした。

 

 

フリーになってからは、

いつもゆっくりとした時間がない東京で残念ですが、

Parisにいた頃と同じで、結局望む方向へ導かれていくご縁が

繫がっているのは有り難い事です。

 

 

 

銀座に寄るついでに

LIXILギャラリーでこちらだけ見てきました。

 

 

ちょうどブログでも芸大時代の織物に話が戻って

書いたりしておりましたが、

よく知っている川島織物の展示だったので足を運んでみましたが、

またいろいろ繫がっていて、

展示の文章も読んでいると、フランスのゴブラン織りに

感銘を受けた川島織物の方のいきさつなど知れて

とても興味深かったです。

 

 

 

これを見た後に、銀座のお取り扱い店さまにお伺いしたら、

織りをされているというお客様がちょうどいらしていて、

京都で展示するとか織り繫がりのお話がまた広がって・・・

 

おまけに身に着けていたParisienneも

とても気に入っていただけたり。

 

とても不思議な一日でした。