2013年

4月

21日

フランス家庭料理とParisのブティック

 

 

先日の続きで

フランスの家庭料理のトマトの肉詰め。

作り方は以前のブログで。

簡単でオーブンに入れておくだけ、お子さんから

大人もワインと共に美味しく食べられる一品だと思います。

 

生のトマト1個はお腹がふくれますが、

ジューシーなお肉と丸ごと美味しく食べれるのもいいところ。

 

 

 

美味しいハーブ入りソーセージなども。

ビールではなく、今回はワインで。

 

雑穀米に野菜スープも。

美味しいバゲットが近所にはないので、

残念ながら買いに行けていません・・・

 

 

少しずつしか作らないので毎週になっていますが、

今回はキウイのジャム。

あまり綺麗ではないですが、かなり甘さ控えめにして、

フルーツの中では一番健康的かもしれませんね。

 

 

あとはブルーベリーや、

フランスならフランボワーズやアプリコットなんかも

作ってみたいです。

野菜のスイーツがあるように、野菜のジャムも美味しいかもですね。

 

 

 

 

 

 

 

写真は先日のParisで。

気になったブティック。

 

 

 

毎回訪れるランジェリーのブティック。

以前観た、Parisのヌードショーの映画

クレイジーホースで、

衣裳はこちらのデザイナーさんが出られていました。

どちらかというと

フェミニンでラブリー系なランジェリー。

日本人が好きな雰囲気かもしれません。

 

個人的には、ラペルラやオーバドゥ、シモーヌペレールなどの

エレガント系が好きです。