2013年

5月

05日

ParisのSupermarchéで

 

 

2月のParis出張での写真が残っていたので、

ちょっと健康と絡めて書いておきたいと思います。

 

ParisのSupermarché(スーパー)で

普通に購入できるものですが、参考までに。

 

 

Parisのアパルトマンのお部屋って電気が暗いので、

写真が黄色いです・・・

上はお米のガレット。モノプリのBio食品。

Parisのマダムが朝食で、日本人だからか、美味しいからか

私に用意してくれてたものです。

美味しいので、たまに食べていました。

 

下は、テリーヌやムース。

こういうものは、日本人は免疫が少ないとかで

あまり食べ過ぎも良くないようですが、

簡単にパンやサラダに合わせて動物のタンパク質をとれるものだと思います。

 

この間のParisでも、疲れてた時に

サラダやスープと簡単に卵のココットに

シリアル入りのバゲットに合わせて食べました。

 

 

こちらもバゲットに合わせてお馴染み。

お魚の卵、カロリーは高そうですが美味しいです。

 

 

昨年のブログ。こちらで紹介している本は

アンチエイジングという観点からもおすすめです。

最先端医療の栄養療法で、野菜だけでなく

お肉やお魚もフランスのようにとることが良いようです。

マーガリンに入っている人工のトランス脂肪酸は病気の原因になるので、

バターに変えました。

 

 

 

糖質が入ったものが取れない人が身近にいますので、

パンやお菓子がたくさん溢れている

フランスのものが好きな人には酷ですが、

私もフルーツも、甘いものも作っている以外は、

なるべくたまにしか食べないようにしています。

 

Parisでは特に気をつけないと、誘惑で溢れていますし、

私はお肌にも表れやすい体質で良かったと思います。

都会だと日本も同じでしょうが・・・

 

 

病気になってからでは、

白いご飯も糖分ですし、フルーツはもちろん

レンコンやカボチャなど糖分の多い野菜も取れず

食べられるのは限られた野菜、お肉やお魚など・・・

 

 

 

 

自分の体や家族を守るには、

正しい知識とバランスが大切だと思います。

 

詳しいことは専門家ではありませんのでまだまだわかりませんが、

化粧品や日常に使う洗剤や歯磨き粉まで、最近更に知って

便利になって化学物質が増えていますが、

ここも見直さなければと思っています。

 

でも、日本で探すのは、あまりないし普通以上に高かったり・・・

ここで変えて行くのは大変ですよね。

 

 

もっとこういう事も

自分自身の為にも興味をもって勉強していけたらと思います〜

皆さんもお気をつけ下さいね。

 

 

 

 

Parisで。