2013年

5月

19日

フランスの薬草治療家 Maurice Mességué 自伝

 

 

以前から掲載していますが、

フランスの植物療法 フィトテラピーが更に気になる前から

偶然知っていたこの方の名前

 

フランスだけでなく

ヨーロッパで最も名高い医療エコロジスト

Maurice Mességué

 

 

 

フランスの薬草治療家 モーリス・メッセゲの自伝

「神は私に薬草と奇跡をさずけた」

フランス語「DES HOMMES ET DES PLANTES」

を手に入れました。

 

アート、刺繍やレースとは関係ないですが、

健康と美容は生活で私にとってとても大切な部分ですので、

食事も同じくですが、興味は尽きない分野です。

 

読み応えある本ですので、合間でゆっくり読んでみようと思います〜

 

 

 

最後にメッセゲ氏が栽培しているハーブも記載されています。

フランスの有機栽培なども知りたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実家より

自家栽培の畑で採れた大根や玄米をおくっていただきました。

フランスも農業大国ですが、私も幼い頃から実は身近なのです。

 

葉っぱも美味しくいただきます〜

何でも栽培してるので、昔からごく普通のことでしたが、

都会にいると、こういう事こそとても贅沢なことだと思います。

肥料など完全なオーガニックではないかもしれませんが、

ほぼオーガニックでしょうか。こんな身近にあったとは・・・

 

 

この大根で

今日は、豚の角煮を仕込み中。

お米のとぎ汁で2時間ゆでてから、とろけるように

大根や青菜、卵も煮込みます。

お砂糖控えめにして作ってみようかと思います〜

 

大根づくしなので、

あとは、ポトフにでも・・・

 

 

 

 

 

 

フレッシュグレープフルーツジュースで休憩。

 

 

美味しいものは元気の源です。

 

日常のこと、いろいろ楽しんでいますが、

刺繍も頑張らなくては、期限が迫っています・・・