Cérémonie de Mariage & Cuisine française

 

 

関西での結婚式、会場は芦屋モノリスでした。

 

瀟酒な洋館、

歴史的建造物「旧逓信省芦屋別館」に現代のセンスを調和させた大人の空間でした。

 

レースデザイン時代に読んだ本がここの会社のもので、

昔、友人にも貸していたら、

気になってた会場を選んでくれたので、楽しみも二倍でした。

 

 

写真はここでは載せませんが、

新婦のドレスはレースデザイナーだけに、私も好みの素敵なセレクトでした。

シンプルだけれど繊細なレースや刺繍が美しいドレス、

まさに洗練されていて、もちろん新婦は美しかったです〜

年齢的にも30代の大人婚なので、こんな雰囲気が似合います。

 

 

ウェルカムボードもレースで。

そして参列者もレース・刺繍関係が同じテーブルに集まっておりました。

当時とは別の会社で働いている彼女の現在の同僚のデザイナーさんらも気になるのはドレスの刺繍レース・・・やっぱり業界にいると同じ目線になるようです。

 

 

横で度々泣いていた元同僚につられ、涙あり笑いありで、

久々にメンバーが揃い、楽しく素敵な時間が過ごせました〜

刺繍ジュエリーは、

パーティーでも、普段のお出かけでも、洗練される大きさのものを身につけていきましたので、また私自身のコーディネートと共にご紹介します。

 

 

 

 

 

 

会えていなかった友人らとも再会してきました。

周りの友人達はイギリス留学率もなぜか高いです。

 

今回は、そのうちの2人と別々にお会いしてきました。

どちらもイギリスに30歳前後で留学していた方。

 

いろいろ話をしていて感じましたが、

ある程度社会人として働いていて、人生の決断で自分で投資して海外へ出られた方は、

ある意味、後がないので、短期間でもその中で最大限有効に使おうと自分でいろいろ苦労して乗り越えていますので、面白い話が尽きません。

 

海外でも日本でも解り合える貴重な存在です〜

 

 

 

 

 

一人とは、久々にランチを。

フランス語も勉強されているので、いつもフランス料理の良さそうなお店をセレクトしてくれます。今回は夙川のChez Moriへ。

 

お手軽にいただけたし、味も満足なレストランでした。

芦屋もですが、夙川辺りも環境もやっぱり好きな雰囲気です。

 

夙川に行くと、同僚達と毎年、手作りのお弁当持ち寄ってお花見をしたのを思い出します・・・

そういえば、レースデザイナーの先輩達はケーキ作りもプロ級な方ばかりでした・・・

 

 

 

2人に会う前に梅田阪急を見ていたら

ちょうど英国フェアをしていたので・・・

こちらのオーガニック小麦粉使用の英国御用達5つ星ホテルの

スコーンに並んで、友人達へお土産に。私もこれは味見してみたかったので(笑)

 

 

最近は、離れている友人達と会える事が増えてますが、

人脈も長年の信頼関係がある方ばかり、

再会した方は自分の好きな事や欲しい情報に関係のある方ばかり・・・

 

人脈は多い方が良いのでしょうが、

私は少ないながらも、上辺だけでなく、ありのままでいられる

質の高い人間関係で、本当に有り難いです。

 

 

明日から仕事も更に頑張りたいと思います〜