好きなアーティスト

 

 

今日は、私自身も息抜き、アートの話です。

 

息抜きしてる場合でもないですが、ふと思い出したので。


私が一番好きなアーティストといえば、 クロード・モネ

 


フランスでもモネの足跡を訪れたり、(肝心のジヴェルニーはまだ行けていませんが) たくさんある「睡蓮」が一番好きな雰囲気の作品なのですが、

他にも好きな有名アーティストは、もちろんいます。

 

現代アートの作品を載せていただいているフランスの本

 

 

http://www.marikawada.com/work/

 

 

こちらに載っているモディリアーニ

 

この独特の深い雰囲気に惹かれてしまう作品が多いのですが、

私が興味をもって、惹かれるようになったのは、

中学校の美術の先生が好きなアーティストだった影響も大きい気がします。

 

 

 


小学生から絵を描く事が好きで、 他の勉強も全く嫌いではなかったのですが、特に美術、家庭科、理科などが好きで、

今も好きなものはそのまま繋がっています~

 


中学生で、将来はアーティスト・美術関係のお仕事に就きたいと思っていたので、高校でも迷いは全くなく、

専門の勉強ができる美術科へ。

 

 

美術の先生にはなりたいとは思っていませんでしたが、

今思えば、自由な雰囲気のクールな女性、

日本的ではなく、海外の女性の雰囲気だなと。

 


パリにいそうな日本人。

 

 

その美術の先生が、どの先生よりも私はとても好きだったきっかけもあって、 これまでの道を疑う事なく、自然に歩んでこれたのだなと感じます。

 


もちろん、そこに自分の能力や感性がぴったり合ってきたから、

芸大でより専門的分野に、現在に辿り着く偶然の道を辿って

四国の田舎からは考えられない、Parisまで、

自分を磨きながら、道が繋がったのでもありますが。

 

 

教える立場って、本当に重要ですね。

 

 

自分の作品でも、本来の自分はまだまだ出せていないので、

これからもっと本当にしたいことをしたいと感じていますが、

一人のアーティストで、自分の作品も追求しながら、

デザインでも広めるだけでなく、

いつかレースと刺繍を教えて本物も育てられるように、

人についてきてもらえるような、人間になりたいものです。